KZ1000Mk2

KZ1000Mk2にCRキャブレターを装着

2013年12月25日

KZ1000Mk2にCRキャブレターを装着

Merry X'mas!!!

ということで25日の本日、我が家にもプレゼント!? が届きました。

イメージ 1

かねてから入れようと思っていた、CR33を遂にゲットです。

イメージ 2

実際にはプレゼントではなく、毎月コツコツ貯めた小遣いをバーンって使っただけ。で、たまたま今日届いたという話です。小遣いをしょうもないことに使ってしまいそうだったのと、品切れの話とかよく聞くこともあり、先日注文した次第でした。

CRキャブレターの取り付け

Z400FXでCRキャブレターに触っていた為、取付自体は簡単です。ですが、今回はキッチリ調子を出すべく「同調」なるものに遅ればせながら人生初トライしてみました。まずはバキュームゲージってことで、Amazonでコチラを購入。

 色々アダプターが付属しているということと、丈夫そうな箱に入っているということ、そしてシンプルなデザインに惹かれStraightのバキュームゲージminiというものにしました。ぶっちゃけZにはアダプター不要でしたが…。

イメージ 1

同時に購入したのが、Straightのガソリンサブタンク(1リットル)。これで準備完了です。

イメージ 2

CRキャブレターの同調

タンクを外し、ガソリンサブタンク、バキュームゲージをセット。

いざ、火入れ!同調開始!

ですが…、

全閉状態→エンジンON→ゲージを開けて針をぶらし→少しづつ閉じて針を落ち着かせる→調整

というyoutubeにあった動画を見よう見まねでやったら、上手いこといかず…。

 

そもそも針が動かない

→ゲージの開け方が足りなかった

 

針を落ち着かせると調整しても無反応

→針を落ち着かせすぎると、いくら調整しても無反応になる

 

キャブ2番からガソリンオーバーフロー

→新品でもしばしばあるトラブルだそう。取付前にガソリン流してのチェックは大事

 

書くと簡単ですが、上記のようなことを2日かけ、ネットサーフィンしたり、購入したPAMSさんに聞いたりしてなんとか同調完了。1番だけ少々づれていますが、まぁ許容範囲ということで。

オーバーフローは下の所をあけて、エア吹きまくったら、ガソリン漏れは止まりました。

イメージ 3

なんやかんやとありましたが、無事装着&同調が完了。少々アクセルを開けるだけで、純正キャブレターの1.25倍くらい力強くなった感じがします。それにツキもいいですし、かったるさ?というのが消えた気がしますね。

で、いきなりですがステッカー「レス」チューンを。CRの赤いステッカーを剥がしちゃいます。

イメージ 4

見た目はエアクリ仕様も好きですが、こちらもやっぱりスッキリしていいですね。勢いでサスの「NITRON」ステッカーも剥がそうと思いましたが、なんとなく検討中…。

イメージ 5

 

CRキャブレター取り付け後、初乗り

1月下旬にCRを装着したものの、雪国だけに試走できたのは3月下旬となりました。

走り出してすぐに体感したのが、明らかに力強さが増したこと。純正キャブレターとこれほどまでに違うとは。ヘルメットの中で満面の笑顔になっているおじさんに。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

ただ、いわゆるセッティングに少々難ありでした。出荷時にあらかじめプリセッティングがされていましたが、ちょっとボゴつく所があったのです。とりあえずエアースクリューを弄ったりしましたが、どうもイマイチ。

CRキャブレターセッティング

アクセル開度が少ないまま巡航していると、ボゴボゴと。そうなるとバイクに乗るのが楽しくなくなるもので、プロの知識をお借りすることに。

イメージ 1

PAMSのTさんに相談すると「ひとまずクリップ1段下げてみてください」とのことでしたので、早速実行。

イメージ 2

すると、どうでしょう。それまでのボゴつきが嘘のように消え、アイドリングから全開までスッキリと加速するように。ちなみに我が家の近くには、ありがたいことに無料の高速区間があるので、高速試乗は無料です。

イメージ 3

これにてひとまずCRキャブレターのセッティングは完了。やっぱりストレスなく乗れるのは気持ちいいですね。

イメージ 4

-KZ1000Mk2
-

© 2021 角Zがゆく