KZ1000Mk2 Motorcycle

車検取得

早いもので納車から3年、初めての車検を迎えました。
車検毎にハンドルをするのは面倒なので、すぐに構造変更してしまう私。しかし、今回は陸運局の管轄が異なるので、住所及びナンバー変更してからの車検となりました。
ついでだし、「連番もいいな」との思いから、FXの下三桁は602、Mk2は603の並びでナンバーをゲット。なかなか都内ではお目にかかれない「飛騨」ナンバーになりました。これで関東に行ったら逆に目立ちますね。
イメージ 1

そして後日検査場へ。東京の10分の1と言っても過言ではないほどのガラガラ。
用紙への記入方法やらなにやら、マンツーマンですべて教えてくれました。しかし罠が一点。東京では一度も求められたことがない「定期点検記録簿」を提出くださいと…。
よくよく聞くと本来は提出が必要なもののようですが、係員の方も「関東では見ないって聞くけど本当なんだね。でも中部は必要だからね」と。とはいえ、ないものはないので、後日提出ということで無事車検にパスしました。ちゃんと数日後に持参しましたけどね。
もうひとつ。地方では当たり前なのかもしれませんが、近所に光軸テスター屋がないということ。これはかなり今後難儀になるポイントですね。店で出しても陸運局までにズレない保証はないし…。今回はなんとか通ったものの、次回は対策が必要みたいです。
イメージ 2

ということで、車検時走行距離11,000km。
そして後日、今度は車のナンバー変更に。
いきなり政治的なコメントで恐縮ですが、「永久に戦争しませんよー!」っていう、憲法9条を支持する意味も含め「9」にしました。
今日は参院選。人それぞれ考え方はあるでしょうが、9月に第一子の誕生を予定している身としては、原発はなくなってほしいし、ましてや戦争ができる国にはなってほしくありません。戦争したって喜ぶの軍需産業の人ぐらいでしょうし。まぁ96条が改正され、憲法改正に2/3から1/2の賛成数となったとしてもすぐに9条が改正され、イコール戦争が始まるという話でないことは承知していますが、その危険性を持った道へ進むということはやはり避けたいのが本音です。
地域柄某与党が強い田舎ですが、農家の壁にはTPP断固反対のポスターをよく見ます。なのに某与党が圧倒的強さを誇るってなんなんでしょうね。某与党に賛成の方は、増税してもTPPに参加しても、絶対に避けて欲しいことではありますが、どっかの原発がぶっ壊れても文句言わないってことなんですかね。
自分はただただ家族や友人たちと楽しく、そして傍らに大好きなバイクがあり、放射能の影響とか戦争とか気にしないで楽しく暮らしをしたいだけなんですけどね。
異論反論あるかと思いますが、政治や考え方の違いが憎しみに変わらない世界を切に願っています。
イメージ 3

-KZ1000Mk2, Motorcycle

© 2021 角Zがゆく Powered by AFFINGER5