Motorcycle Z400FX

車検取得

紆余曲折ありましたが、いよいよこの時が。
そう、ユーザー車検です。仮ナンバーを付けて、練馬の陸運局へ。
これだけ準備したんだから、すぐに車検証交付してもらえるでしょ!と思っていましたが、
そんなに甘くはなく落とし穴が…。
1、
検査官「元々のナンバー見せてください。」
私「ん?仮ナンバー付いてますけど」
検査官「もってこないと交付できませんよ」
私「マジっすか?ちーんですね…」
2、
検査官「光軸ズレてますよ。テスター屋とか行って、もう一回きてください」
私「どんぐらいズレてるんですか?」
検査官「上に30度」
私「了解しました」
そして、往復1時間かけて家に帰りナンバーを取り、30度ぐらい手動でライトを下に向け、再挑戦!
3、
検査官「光軸ズレてるし、光量足りませんね。テスター屋とか行って、もう一回きてください」
私「マジっすか?まだずれてますか?しかも今度は光量が足りないと?」
検査官「そうですね18度ズレてますね。これ社外のバルブですか?光が散ってますね」
私「おっかしーなー、2年前は問題なかったのになぁ、いじってもないし」
検査官「2年前良かったからって、今もいいとは限りませんよ」
私「ですよね…」
ということで、素人には無理と判断し、お世話になっているバイク屋さんへヘルプ電話。
そしたら、すぐ近くにテスター屋があるとのこと。すぐさま行き、光軸、光量チェック。
1分もかからないうちに調整してもらい、準備万端!ちなみに¥2500 う~ん痛い出費。
そして、3度目のチャレンジ!
イメージ 1

結果、見事!?合格し、晴れて公道で再デビューできることに!
ちなみに光量は何もイジッてないのに合格…。う~ん不思議です。向きで光量というのが、変わるのでしょうか?謎です。まぁなんにせよ合格できて良かった♪

イメージ 3

そうそうこれが欲しかったんですよ!
イメージ 2

ちなみに、気になっていたので、チェーンカバーは必要かと検査官に聞いたところ、「こういったバイクは必要ないですよ」との回答でした。具体的に「こういった」ってどういった?って感じですが、いわゆるカワサキの旧車系は大丈夫そうでした。よって、私のファイナルアンサーはケース不要です!
陸運局や検査官によって認識が違うとかある可能性もゼロではないので、行きつけの陸運局にまず聞いてみるのがベストかもしれませんね。

-Motorcycle, Z400FX

© 2021 角Zがゆく Powered by AFFINGER5