Z400FX

Z400FXをユーザー車検で復活させる

2016年7月27日

Z400FXをユーザー車検で復活させる

好みは人それぞれですが、僕は世にあるバイク中でZ400FXのタンクの形状が最も好きです。にも関わらず、車検切れ状態で1年放置…。でしたが、本日(2016年7月27日)ユーザー車検に行ってきました。

Z400FXのユーザー車検、車検前に

車検切れのバイクを公道で乗る場合、以下の2点が必要になります。

  1. 「仮ナンバー」
  2. 「自賠責保険の加入」

1の「仮ナンバー」は市役所の管轄なので、事前に申請をして受け取っておきました。2の「自賠責保険」は仮ナンバーを取得する際に「公道を走る日が含まれている」自賠責保険に加入しておく必要があるので、こちらも事前に手続きを済ませます。車屋さんなどでも加入できますが、僕は陸運局にて25ヶ月のものに加入しました。

※自賠責保険に加入する際に「仮ナンバーを取得してから車検場に行って、自賠責に加入しよう」はできませんので、お気をつけください。

「仮ナンバー」以外に車検に必要なものは、

・定期点検記録簿(インターネットでダウンロード可能)

・検査予約

・自動車税の証明書

です。

定期点検記録簿に点検記録をつけ、車検場の検査予約をします。またもしも自動車税を滞納していたら、事前に支払う必要があるので、市役所へ。

車検前整備

「車検前にどれだけ整備をしたらいいのか?」というのは、単車の状態にもよります。それにユーザー車検だと、実際にはユーザー自信ににその範疇委ねられています。

Z400FXのユーザー車検、車検当日

検査ライン上で、順番を待つZ400FX

防備録として。

【車検時走行距離=36,149km】
いざ車検場へ。AM9:00には到着し受付。飛騨の陸運局の方はとても丁寧に教えていただけるので助かります。いわれるがままに書類を記入し(車検証見ながら簡単に書けます)、検査ラインへ。一番の難関が光軸で案の上、ハイビームにしているのに「ハイビームにしてください」と言われました…。しかしライト上部を一発こづいたら奇跡的に合格! ※旧車ならではですが、マフラーの音量チェックはありませんでした。

Z400FXのユーザー車検、費用は?

バイク用の仮ナンバーはこの世に存在しないのか、やけに大きい仮ナンバー。

以下が実際にかかったものです。実際のところ、お店に依頼するよりもだいぶ安くなります。

  • 自賠責保険 14,010円
  • 自動車重量税印紙 5,000円 ※登録から18年超の金額
  • 自動車登録印紙 400円
  • 自動車審査証紙 1300円
  • OCRシート 25円
  • 定期点検記録簿 105円 ※飛騨の陸運局では必要
  • 臨時運航許可 750円 ※仮ナンバーで持ち込んだので追加
  • 自動車審査証紙 300円 ※構造変更になったので追加
  • OCRシート 25円 ※構造変更になったので追加

合計 21,915円
これでまた2年乗ることができます。ただ、右Fフォークからのオイル漏れを発見してしまいました(涙)…。

-Z400FX
-,

© 2021 角Zがゆく Powered by AFFINGER5