KZ1000Mk2 Motorcycle

東京タワー


先日のクライストチャーチに続き発生した、国内最大級の地震。一番大きな被害を受けたのは
日本に間違いありませんが、アメリカの一部を始め、遠く南米の国までへも影響を与えた地球
規模の災害。
私自身、地震が起きた際、東京のビルにて地震を味わい、靴も履かずに外へ避難しました。そ
して徒歩、バスを乗り継ぎなんとか自宅へ。バイクを引っ張りだし、子どもがいる友人を乗せ
大渋滞の東京を進みました。いつもは趣味で乗っているバイクも、こういった時は趣味を超え、
災害に強いものなんだと思いました。
テレビを付ける度に増える死者、不明者数。想像を圧倒的に超えた津波被害の映像。本当に胸
が痛みます。被災された方にお見舞い申し上げると共に、お亡くなりになられた方のご冥福を
心よりお祈りいたします。

このような事態に陥ったとき。自分になにができるか考える。考える。考えた末、私は募金を
しました。そして、できうる限りの節電。小さなことからでもコツコツと。これだけの規模の
災害。一朝一夕では復興はできない。一人一人が自分ができることをコツコツやっていくしか
ないのだと思う。

そして今日は、友人が出店している古本屋へ。棚一杯に詰め込まれていた古書があたりに散乱
し、地震の恐ろしさを改めて痛感しました。友人の小学生の息子も一緒になって、汗をかきな
がら、本運びを手伝う。これも一人一人がコツコツ。いろんなコツコツが日本中、そして世界
中で行われていけば、きっと復旧できるはずと信じています。

そして、東京タワーに近かったこともあり、少し立ち寄ることに。友人の息子は人生初の東京
タワー。地震の影響でタワー内は立ち入り禁止。テレビで見た記憶があるのですが、地震影響
で先端部分が曲がったという報道があったような。確かに曲がってる気も。
この間、どうしても暗い気分になってしまっていました。しかし、15分ほどの滞在でしたが、
大地に根を張り、力強く遥か空に向かって建つ東京タワーに勇気づけられました。また明日か
らも自分にできることをしていこうと思います。こういった状況ですと被災地も非被災地も暗
くなってしまいがちですが、前を、そして上を向いてがんばっていきましょう。


イメージ 2



イメージ 1


-KZ1000Mk2, Motorcycle

© 2021 角Zがゆく Powered by AFFINGER5